高校生の勉強のお供に!ねずみ小僧も注目するフォルスクラブ

New Item Name New Item Name New Item Name New Item Name


高校生になると、勉強の難易度は飛躍的に上がります。
さらに高校生の勉強は成績だけでなく、
大学進学などにおいても重要です。
そのためしっかりとした学習環境で勉強したいものです。

高校生の勉強のお供にぴったりなのが、
ねずみ小僧も注目するフォルスクラブです。
フォルスクラブには高校生向けの
「高校生向けeラーニング」というものがあります。
このコンテンツならば難易度の跳ね上がる
高校生の勉強も問題ありません。

ねずみ小僧も注目するフォルスクラブの高校生向けeラーニングは、
全国の教科書に対応する内容となっています。
そのため予習や復習にも最適です。
独学で予習や復習をするよりもはるかに効率よく勉強が出来ます。
さらにねずみ小僧も注目するフォルスクラブの高校生向けeラーニングは、
大学受験の基礎知識としても使えます。
学校の勉強だけでなく受験勉強の準備も出来るので、
ねずみ小僧はフォルスクラブは使い勝手が良いと考えています。
ねずみ小僧自身もフォルスクラブで勉強したかったと思っています。

フォルスクラブの高校生向けeラーニングは学習達成率を自分で確認出来ます。
自分がどこまで勉強をしていて、どの部分が弱点なのかも分かります。
そのためフォルスクラブの高校生向けeラーニングを使って勉強をしていれば、
学習の計画も立てやすいです。
先に進むもよし、弱点を重点的にするもよしと効率よく勉強が出来ます。
内容が充実しているだけでなく、
学習達成率が目に見えて分かるフォルスクラブにねずみ小僧は感心しています。

ねずみ小僧も注目するフォルスクラブならば、高校生の勉強も捗ります。
独学で勉強をするよりも予習や復習は捗ります。
成績アップや大学受験に繋げる事が出来るので、
高校生の勉強のお供にぴったりなのがフォルスクラブです。



フォルスクラブが株に関する教材を取り扱わないのは、子供に配慮しているから?

New Item Name New Item Name New Item Name New Item Name


株に関する通信教育はあります。
ただしどれも基本的なものです。
サッカーで例えるなら、
「オフサイドとは?」といったことを教えるものでしょうか?
そしてこうしたものを読んでも確実に勝てるとは限りません。
試合に勝つには、効率の良い練習と人材(←多分これが一番重要)を
用意する必要があるのです。
株に関しても同様で、本を読んだだけで儲けることは出来ないのです。

ただし株に関する知識が0の方は非常に多いです。
「先物取引」や「カバードワラント」の
意味を説明できない方は非常に多そうです。
そうした方はいきなり株を買うのではなく、
まず通信教育か何かでしっかりと知識を身に付ける必要があると言えます。

ところでフォルスクラブで株の勉強は出来ないのでしょうか?
フォルスクラブで株価分析やテクニカル分析について学べれば、
投資初心者にはありがたいのではないでしょうか?

不思議なことに、日本の小中学校では株についてほとんど教えていません。
それは日本の教育は、大学に行かせることだけを目的にしているからです。
道路交通法といった最低限の生存のルールも学ばせますが、
それ以外の「お金儲け」の手段は決して、学校側からは教えてくれないのです。
あと、小中学生という年齢では株を買えないのも大きな理由ですね。
タバコを吸えない年齢の人たちに
タバコの吸い方を指導しても意味ない、のと同じことです。
むしろ、教えてはいけません。
余談ですが、海外では株の買い方を教えるみたいですよ。

もしかして、年齢を問わずプレイできるからこそ、
フォルスクラブでは株について学べないのでしょうか?
子供が間違って株に興味を持たないように、
フォルスクラブは敢えて株に関する教材を載せていないのでしょうか?
ケアマネや相続診断士の知識は、小中学生でも有用ですが、
月に3000円のお小遣いしか持たない小中学生程度の資産力では、
株に手を出すのはNGということなのかもしれませんね。

フォルスクラブが株を扱うようになるならまず、
政府は「こども株式」を発行すべきかもしれません。
15歳以下だけが利用できる証券取引所で、銘柄も1円単位から購入できます。
ある意味、子供の遊びですが、こうした練習を子供の時からやっていれば、
20代になった時にすんなり、株式投資を始められるようになるかもしれませんよ。