フォルスクラブの上場する可能性について

New Item Name New Item Name New Item Name New Item Name


事業を行うにはお金が必要であり、
その手段のひとつに株式上場があります。
多数のコンテンツを取り揃えるフォルスクラブも上場によって、
さらに内容を豊富に取り揃えることが可能になります。

現在、日本には約445万もの会社があり、法人企業は170万です。
そのうち、上場しているのは約3600社になります。
香港証券取引所のような海外に上場している日本企業もありますが、
どこも1桁台なので、誤差の範囲内です。
フォルスクラブが上場する場合も、日本が最有力候補になります。

フォルスクラブが上場するには、厳しい審査を潜り抜けないといけません。
事業継続年数や利益額などの審査項目があり、
特に東京証券取引所の場合、
コンプライアンスの遵守が最重要視されています。
このコンプライアンスは労働基準法を守るのはもちろん、
優秀な社内規定を作り、それを実行できているかも判断基準になります。
また、不祥事を起こした際、どのように対応するかのマニュアルがあるかも、
判断基準になります。
このコンプライアンスの遵守に頭を抱える経営陣はとても多いと思います。
難易度としては、新たな完璧な法律を作るようなものです。

上場は一筋縄では行かず、フォルスクラブもそう簡単には上場出来ません。
コンプライアンス作りも重要ですが、売上高もしっかり上げないといけません。
事業継続年数だけはゆっくり確実に伸ばしていく必要はありますが、
他にも様々な頑張るべきポイントを上げていき、上場に向けて備えているのです。



ねずみ小僧も感心したフォルスクラブのイングリッシュ・モンスターズ・コレクション

New Item Name New Item Name New Item Name New Item Name


英語の重要度は日に日に高まっています。
以前は中学校から学んでいた英語も、
学び始めるタイミングがどんどん早くなってきています。
英語は確かに重要です。
学生時代の成績だけでなく社会人になってからも使えるのが英語です。
ですが、親が英語を学ばせたい!と思って無理やり英語をやらせても、
大抵は身に付かないものです。
下手したら英語=嫌なものと認識してしまい、
その後に悪い影響を及ぼす可能性があります。

ねずみ小僧も感心したのがフォルスクラブの
イングリッシュ・モンスターズ・コレクションです。
eラーニングを通じて学習コンテンツを配信している
フォルスクラブのコンテンツの一つで、小学生向けの英語アプリです。
通常の英語アプリとの違いは、
イングリッシュ・モンスターズ・コレクションはゲーム型学習アプリです。
RPGゲームで遊びながら英単語を1000語習得できるのです。
ねずみ小僧がフォルスクラブに感心したのは、RPGゲームで学ぶという点です。
子供に人気のRPGゲームなら、子供は苦手意識を持ちません。
むしろ楽しみながら学べて、積極的に英語が覚えられると感心しているからです。

勉強は楽しさがあると捗るものです。
固い内容だからちゃんとしている、
だから子供もしっかり勉強するというわけではありません。
楽しさを感じられながら英単語を勉強できる
フォルスクラブにねずみ小僧は感心しています。

しかもRPGゲームの要素にもしっかり力を入れているところも、
ねずみ小僧はフォルスクラブは凄いと考えています。
ストーリーや装備の要素、モンスターの収集があり、
飽きさせない工夫がしっかり施してあります。
これなら子供も楽しくプレイし、
どんどん英単語が身に付けられるとねずみ小僧はフォルスクラブに感心しています。

イングリッシュ・モンスターズ・コレクションなら、
初めて英語を触れる子供にぴったりな教材だとねずみ小僧は考えています。